校長挨拶

 

 校長の牧田重明です。

 本校3年目になりました。昨年度末から、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、休校が始まりました。そして、ようやく新年度のスタートを迎えることができたと思ったら、入学式と始業式を行っただけで、再び休校になってしまいました。先の見えない学校では、やがて訪れる再会のために、対応と準備に取り組む毎日です。

 さて、私の目指す教育は、3年間変わらず「関わりを大切にする教育」です。子どもたちには、始業式で、「関わりを大切にすることは、仲良くなることです。いろいろな人との関わりを大切にし、仲良くなり、なかよし日本一を目指しましょう。」と話しました。
人と人との関わりは、すべての基本だと思います。関わりを大切にし、より良い関係をつくることが、信頼し合える ”絆” につながります。子どもどうし、職員と子ども、学校と保護者・地域など、様々な関わりを大切にし、家庭・地域・学校が共に手を携えて子どもたちのための教育を推進していきたいと思います。この苦しく、たいへんな時期だからこそ、いっそう関わりを大切にして乗り切っていきたいと思います。

 健全な児童育成のために、精一杯がんばりますので、よろしくお願いいたします。

津島市立蛭間小学校